社会・その他

中国、肉の買いあさりに拍車 アフリカ豚コレラ代替で和牛の輸入最大に (1/3ページ)

 中国がブラジルやニュージーランドなどから豚肉、牛肉、鶏肉、羊肉を買いあさっている。既にマトン(成羊の肉)やラム(仔羊の肉)の世界最大の輸入国だったが、米農務省によると牛肉輸入量も昨年、100万トンを大きく上回り、米国を抜き世界最大の市場になった。アフリカ豚コレラ(ASF)感染拡大の影響で豚肉価格が高騰し、代替需要が拡大しているためだ。

 「豚2億頭消える」

 今年の中国の豚肉供給量はASFの影響で20~30%減少し、豚肉不足が予測されている。豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)の市場アナリスト、ティム・ライアン氏(シンガポール在勤)は「10年とはいわないまでも、この先数年はASFは世界の食肉市場に何よりも大きな影響を与える。ASFによる減少分を補うだけの肉を、世界が供給できるとは考えられない」と述べた。

 中国の英字紙チャイナデイリーによると、中国農業農村省は、欧州連合(EU)、カナダ、ブラジルからの中国への豚肉輸出量はそれぞれ2019年に前年比40%増の170万トンに、20年に210万トンに達すると予測している。オランダの金融大手ラボバンクのアナリスト、アドルフォ・フォンテ氏によると、ブラジルから中国への豚肉輸出は今年、61%増の25万トンに達するとみている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus