社会・その他

台風10号、四国に上陸見込み 各地の交通に多大な影響

 大型の台風10号は15日昼前から昼すぎにかけて四国を通過または上陸し、その後、中国地方を縦断する見込み。西日本と東日本は太平洋側を中心に猛烈な風や雨となるため、気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。各地の交通網にも大きな影響が出る見通しで、山陽新幹線では、新大阪-小倉間の運転を終日見合わせる「計画運休」が実施され、空の便でも欠航が相次いだ。

 気象庁によると、台風10号は、15日午前6時現在、足摺岬の南南西約70キロを時速約20キロで北へ進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心の東側330キロ以内と西側60キロ以内では風速25メートル以上の暴風域。

 16日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国800ミリ、東海、近畿500ミリ、関東甲信、九州北部300ミリ、北陸、中国250ミリ、九州南部150ミリ。台風の接近や通過による総雨量は、西日本と東日本の太平洋側の南東斜面を中心に、多い所で1200ミリを超える恐れがある。

 16日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は四国30メートル(45メートル)、九州北部27メートル(40メートル)、東海、近畿、中国、九州南部25メートル(35メートル)、北海道、北陸23メートル(35メートル)、東北20メートル(30メートル)。

 波の高さは四国10メートル、東海、近畿9メートル、九州北部8メートル、九州南部7メートル、北海道、東北、北陸、伊豆諸島6メートル、関東、中国、奄美5メートル。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus