CAのここだけの話

CAと出会えるイマドキの方法 私たち、「高嶺の花」ではありません (1/3ページ)

田中玲菜
田中玲菜

 SankeiBiz読者のみなさんだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第59回はアジア系航空会社で日本人CAとして乗務4年目の田中玲菜がお送りいたします。

 みなさんは「CAの恋愛」にどんなイメージをお持ちでしょうか? CAは世界中を飛び回り、多くの出会いがある華やかな職業…当然出会いも多く、恋愛事情も華やかなのでは? と想像されているでしょうか?

 実は、全くそんなことはないんです。それどころか、OLの方々など他のご職業の女性よりよっぽど出会いがなく、地味な生活を送っています。というわけで今回は、現役CAがそんなリアルな恋愛事情をお伝えします。

CAにはシングルが多い

 私自身、そして同僚も見回してみると、悲しいことにシングル(独身)の人だらけ。彼氏持ちのほうが少ないんです。既婚者はさらに減ります。これだけ多くの人と接していて、出会いも多いはずなのになぜなのでしょうか?

 もちろん人に見られる仕事なので、美意識が高い人は多いです。仕事で培われた立ち居振舞いや気配り、自分を磨くことに余念がなく、同じ女性でも溜息が出るほど美しい同僚はたくさんいます。それなのに何年も彼氏ができなくて、結婚もしたいのにもう適齢期もとうに過ぎている…なんてことも。

 容姿端麗で気も利く…それなのにシングルが多い理由は、男性と接する機会が極端に少ないからではないかと思うのです。男女が出会い、恋愛関係になりやすい状況ってどんな環境なのだろうか? とも考えます。学校や職場など、基本的に男女が顔を合わせる頻度が高い環境で、交流していくうちに少しずつ恋愛感情が育まれていくのではないでしょうか。職場恋愛が多いのもそれが理由だと思います。

 それがCAとなると難しいのです。なぜならば、ご存知の通り、CAの職場環境は“ザ・女の園”だからです。先輩・後輩・上司、どこを見渡してみても女性ばかり。一日中女性としか話していないなんて日も多々あります。男性CAもわずかにいますので、彼らの立場からするとハーレム状態ですね(笑)

 女の園と聞くと、ドロドロした怖い世界というイメージが強いと思いますが、女性だらけの職場もそんなに悪いものではありません。もちろん、女社会独特の雰囲気があるので、気をつけなければいけないことなど暗黙のルールがあり、苦労する点もありますが、実は体育会系でサバサバした頼りがいのあるお姉さん系の人が多いので、そんなにドロドロはしていないんです。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus