高論卓説

ドラレコで高速道の危険運転撲滅 違法行為の映像提供、抑制効果大 (1/3ページ)

 今年3月末の日本の自動車保有台数は8178万台で、世界第3位の自動車大国である。日本初の高速道路として名神高速道路が全線開通したのが1965年で、その4年後の69年に東名高速道路が全線開通している。2015年には新東名の御殿場-豊田東が開通し、東名が二重化された。おかげで渋滞も緩和され、大規模災害時の輸送路としても期待されている。また新東名は設計速度が120キロの道路でもあり、道幅も広く走行しやすい。今年はその東名開通50周年の年でもある。(旭リサーチセンター、遼寧中旭智業研究員・森山博之)

 新東名の新静岡-森掛川の上下約50キロ間では普通車の最高速度を引き上げる実験も行われている。既に制限速度110キロの試行が1年間行われたが、今年3月からは120キロに引き上げた試行を実施中だ。本来の道路の持つ機能をフルに発揮できるよう、行政も柔軟に対応しているのは評価できる。

 ただ、気になるのが大型車両の制限速度が80キロのままであるという点だ。自家用車などが120キロで走行するところに80キロの車両が混在している。周知の通り大型トラックには、安全のために90キロ以上の速度が出ないようスピードリミッターの装着が義務付けられているため、制限速度をこれ以上上げることができないのである。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus