ビジネスパーソン大航海時代

会計士からマネーフォワードCSOへ 「ファーストペンギン」の心意気~航海(17) (1/3ページ)

小原聖誉
小原聖誉

 2020年1月に入ってから「お金の見える化アプリ」のTVCMを目にした方も多いのではないでしょうか?提供元はマネーフォワード社です。今回は、その「お金を前へ。人生をもっと前へ。」で知られる、個人向けの家計簿アプリ・法人向けバックオフィスサービスを手がけるマネーフォワード社の執行役員 マネーフォワードビジネスカンパニーCSO(チーフストラテジーオフィサー・最高戦略責任者)山田一也さん(34歳)についてお話させてください。

 山田さんは大学在学中に公認会計士となり、いまはこの会社でサービスの企画開発・新規事業・資本業務提携と、大車輪の働きをなされています。公認会計士という、なんとなく保守的なイメージがあるお仕事から、なぜ、どのようにして上場企業のCSOという攻めの最前線のキャリアへ進まれたのか。お話を伺ううちに、それは必然だったと理解しました!みなさまの気づきになりますと幸いです。

 それではインタビューをご覧ください。

 教育方針は「勉強ができる不良になれ」

 保守的な仕事から攻めの仕事へシフトされた山田さんはどのような生い立ちを送ってきたのか。まずそれから紐解いてまいります。

 どのような子供時代を過ごされていたのですか?

 「ウチは親が変わりものでして。教育方針が“勉強ができる不良”でした(笑)。たとえば中学時代に母親が“髪を染めろ”と言ってくるくらいに」

 それは尖った親御さんですね(笑)。高校・大学時代はどのようにすごされていたのですか?

 「理系の学生だったのですが、親にバランス感覚をもって育てられたからか、高校の先生から『山田くんはビジネスが向いているね』と言われまして、文系に転向し、大学では経営学部に入ったのです」

 おお、とても柔軟に変化できる方ですね。

 「いまもそうですが、あまりこだわりはないのです。大学に入ったのは良いものの最初は遊んだりしていました。でも人生を考えるとこのままモラトリアムをしていても何も身に付かないなと」

 さすが!俯瞰力といいますか、バランス感覚がありますね。

 「良いビジネスマンになろうというのはぼんやりとした目標でしたからね。最初は簿記を勉強しようと思ったのですが、出来るだけ難しい方が挑戦しがいがあるなと思って公認会計士の試験勉強をはじめました。そして大学3年生の時に合格したのです」

 それはすごい。

 「当時は珍しかったかも知れませんね。でも私は勉強をしたかったわけではなく、ビジネスマンを目指していたわけですから公認会計士の資格を得たらすぐにトーマツという監査法人に正規雇用で入所したのです」

 えっ。大学生の時にですか?

 「はい。3年生でした。トーマツ同期の平均年齢が28歳でしたのでこれも珍しかったようですね。大学を卒業した後もそのままトーマツにお世話になりました」

 大学時代に公認会計士の資格を取ったり、トーマツで働いたりといわゆる大学生活とは違いますね。

 「あまり自分の心にハードルを設けたりしないかも知れません。既成概念に沿って生きるというよりも自分が信じる道を歩みたいタイプですね。振り返ってよくよく考えると親の教育方針の影響があるのかも知れませんね。恵まれたと思います」

 「会計士のロールモデル」がビジネスの原動力

 トーマツでは若手としてどのように心がけていたのですか?

 「自分から機会を得るようにしました。4年間居たのですが充実していたと思います。自分が優秀というよりもチャンスを与えてもらったのが大きいです」

 トーマツ時代は4年と短いのですね。

 「はい。ちょうどこの時期は会計士業界全体的に閉塞感がありました。私は運良くいろいろと挑戦はできたのですが、他の若手は新しいことに挑戦がしづらい状況でもあったのです。その状況を見て私は転職することにしました」

 どういうことでしょうか?もう少し教えてください。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus