転職・起業

IR実施方針の延期表明 横浜市長「コロナ対策優先」

 横浜市の林文子市長は15日の定例記者会見で、6月に予定していた統合型リゾート施設(IR)の誘致事業の要件をまとめた実施方針の公表を8月に延期すると正式表明した。「新型コロナウイルス感染拡大の危険が増しており、感染症対策を最優先する」と述べた。

 林市長は「優先すべきはコロナの終息だ」と強調。感染がさらに拡大した場合はIR誘致事業の担当職員をコロナ対策の応援に充てる可能性があることや、市議会の各会派から公表延期を求める声が上がっていたことを判断の理由として挙げた。

 IR誘致担当の業務は継続し、令和2年度内に事業者を決定する日程は変えない。一部が延期となっている市民向けの説明会は「ぜひ自分でやりたい」と重ねて意欲を示した。

 国が3年7月までとした区域整備計画の提出期限については、作業はぎりぎりだとしながらも「期間内で手を挙げられるよう工夫する」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus