働き方新時代

「権限と指揮系統明確に」 日本働き方会議シンポで橋下氏

 新時代の働く仕組みを提唱・支援する日本働き方会議は14日、設立記念シンポジウム(産経新聞社、フジサンケイビジネスアイなど後援)を東京・大手町のサンケイプラザで開催した。名誉座長に就任した元大阪府知事の橋下徹氏が講演し、「働き方を改革し、生産性を上げるため、今こそ実行が重要だ。工程表を示すと同時に、権限と指揮系統を明確にする必要がある」と訴えた。

 橋下氏は「改革を進めるためにはトップのリーダーシップと現場のモチベーションを上げる取り組みが必要だが、定着すれば自動的に改革が進むようになる」と自らの経験を語り、経営者の意志と改革の仕組みづくりが重要だとした。

 講演後にはパネルディスカッションも行われ、経済同友会の間下直晃副代表幹事(ブイキューブ社長)は「テレワークの浸透にははっきりした評価制度が必要になる」と人事制度などの改革も欠かせないと指摘した。

 同会議では今後、具体的な業務改革に向けた勉強会や成功事例紹介などを通じ、働き方改革の普及を推進していく。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus