書評

『ゼロ・コミッション革命』 米証券界カリスマの経営哲学

 □『ゼロ・コミッション革命 チャールズ・シュワブの「顧客目線」投資サービス戦略』

 米証券界のカリスマ経営者、チャールズ・シュワブが、いかに個人投資家の心をつかみ、米インターネット証券チャールズ・シュワブを大手へと成長させたのか。自らの経営哲学を語った待望の日本語訳。米国で原著を発売した2019年10月、同氏は株式など取引手数料の無料化(ゼロ・コミッション)に踏み切るなど日本のネット証券界も巻き込む新たなサービス革命を引き起こした。

 ポールソン元米財務長官も「起業家精神と信念をもったリーダーシップに関する教科書」と絶賛。米個人向け金融サービス業の成功モデルの秘訣が語られている。(チャールズシュワブ・著 飯山俊康、野村資本市場研究所・訳/きんざい、2400円+税)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus