社会・その他

今年のサンタはリモートで登場 「鬼滅の刃」と「バカ殿」まさかのコラボも

 神戸・北野の異人館「うろこの家」で20日、1年間の世相をサンタクロース人形で表す恒例の「世相サンタ」がお目見えした。コロナ禍の中、医療従事者への感謝を示す青いガウン姿のサンタは、画面を模したフレームの中に入り、リモートでの登場を表現している。展示は12月25日まで。

 サンタは高さ約3メートルの発泡スチロール製。周囲の屋根には、今年流行したドラマ「半沢直樹」、疫病退散の妖怪アマビエのほか、今年亡くなったタレント、志村けんさんの人形には、映画が大ヒット中の漫画「鬼滅の刃」の主人公の羽織をまとわせた。

 世相サンタは今年で12回目。昨年は日本開催のラグビーワールドカップにちなんだユニホーム姿で、「令和」の額縁を抱えていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus