働き方

春闘労使会談、賃上げめぐり平行線 コロナ危機意識は一致

 経団連と連合の幹部らによる令和3年春闘に向けた労使会談が27日、東京都内で開かれた。新型コロナウイルスに対する強い危機感と克服の重要性では一致したが、賃上げについては、業種や各企業の状況に応じた対応を訴える経団連と、従業員の基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)2%を統一目標に掲げる連合で、平行線をたどった。

 会談には病気療養中の中西宏明経団連会長もオンラインで参加。「日本の賃金水準が先進国の中でも下位になっており、危機感を持っている」と語り、厳しい企業業績の中でも賃金引き上げによる個人消費拡大などで経済を好循環させる必要性には言及した。

 連合の神津里季生会長は「(平成26年以来)政府労使で、賃上げの流れをつくってきたが、日本全体に浸透していない」として、中小企業や労働組合がない職場も含め全体での底上げが必要だと訴えた。

 連合は今春闘でベアの要求水準を6年連続で「2%程度」とし、働いた年数に応じて基本給が増える定期昇給分も含め計4%程度の賃上げを要求。経団連はコロナ禍の中、好業績ならベアも選択肢となるが、業績が振るわない企業は困難だとしている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus