今日から使えるロジカルシンキング

テスラ株を4000億円で売却したパナソニックの判断は「論理的だ」といえるか? (2/2ページ)

苅野進
苅野進

 たとえば「60%の確率で勝つことのできるじゃんけん」があったとします。算数が得意な人は、「50%を超えているのだから有利。感情的にビビらずにやるべき!」としてしまいがちです。しかし、これは「大数の法則」。つまり、何百回、何千回とやれば相手も勝率60%に近づくというわけです。

 この「大数の法則」を投資やビジネスに置き換えて考えると、何百回、何千回とやることのできる資金力があれば、失敗も許されるため、「GO」という判断になります。しかし、たった1回しかチャレンジできない資金力しかなかったらどうでしょうか。10回中4回は破産ですね。別の投資先を探したほうが良さそうです。

いずれの決断においても必要なこと

 いかがでしょうか? 実は、学習塾の現場でも「志望校をどうする?」という状況では同じような決断を、保護者・本人それぞれが迫られています。私たちは、これらの項目について「納得・合意」できると、その選択肢を「論理的だ」として実行に移していくわけです。算数や答えのわかっている練習問題とは違いますね。そして、いずれの決断にしても、決断時点で

  • 破産(回復不可能な状態に陥る可能性)は避ける

 のと、

  • 決断したあとに撤退を含めて柔軟かつ積極的に調整する

 のが大切です。

 パナソニックは、4000億円を手にしたわけですから、タラレバを語るのではなく、有効活用して是非大きなインパクトのある事業を展開してもらいたいと思います。

苅野進(かりの・しん)
苅野進(かりの・しん) 子供向けロジカルシンキング指導の専門家
学習塾ロジム代表
経営コンサルタントを経て、小学生から高校生向けに論理的思考力を養成する学習塾ロジムを2004年に設立。探求型のオリジナルワークショップによって「上手に試行錯誤をする」「適切なコミュニケーションで周りを巻き込む」ことで問題を解決できる人材を育成し、指導者養成にも取り組んでいる。著書に「10歳でもわかる問題解決の授業」「考える力とは問題をシンプルにすることである」など。東京大学文学部卒。

【今日から使えるロジカルシンキング】は子供向けにロジカルシンキングのスキルを身につける講座やワークショップを開講する学習塾「ロジム」の塾長・苅野進さんがビジネスパーソンのみなさんにロジカルシンキングの基本を伝える連載です。アーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus