元受付嬢CEOの視線

愛人クラブに所属… 受付嬢時代に「本当にあった怖い話」 (1/2ページ)

橋本真里子
橋本真里子

 オリンピックは無観客開催となりましたが、テレビから応援するだけでも勇気や感動をもらう日々でした。真っ直ぐに目標に突き進む姿というのは、本当に素敵ですね。スポーツ観戦が大好きな私としては、毎年の甲子園にオリンピックがプラスされて、例年よりも熱い日々を過ごしておりますが、そのようなイベントがなくとも、今年の夏も酷暑ですね。

 そこで今回は、私が受付嬢時代に体験した「怖い話」をしたいと思います。

 「本当にあった怖い話」といっても、幽霊の話ではありません。職場で受けた人間の所業です。「こんなことする人なんているんだ…」と、ヒヤっとしたこと出来事が何件があったのです。

恐怖の体験その1

入社した当日から「愛人クラブ」に属しているという噂を広められた

 今となっては…というか、当時も半分笑い話と捉えていましたが、実話です(笑)

 私が受付として入社した日、すでにその受付で働いていた受付嬢の一人に「橋本さんは愛人クラブに所属していて、今回もそのコネで入社してきたらしい」という噂を立てられたのです。

 私の耳にその話が入ってきたのは入社から1週間後くらいでしたが、聞いた時は驚きでした。「そんな露骨な嘘で嫌がらせする人が本当にいるんだ!!」と。

 それと同時に「どうしてそんなバレる嘘をつくのだろうか」「そもそも愛人クラブってなんだ(笑)」といういろんな感情が押し寄せてきました。

 でも一番強く感じたのは「思った以上に大変な職場に入っちゃったぞ…」ということです。入社早々このような噂を立てられたのはもちろん初めてのことでした。こんな噂を信じる人がいるのかと思いましたが、上司にも報告相談したところ、なぜか上司から謝罪されました(笑)。

恐怖の体験その2

ロッカーの鍵を隠された

 受付嬢は現場に就く前に制服に着替えなければなりません。それゆえ、ほとんどの企業では受付嬢に1人1つ、ロッカーを用意してくれます。制服や、業務に関する備品や身支度を整えるのに必要な私物などを保管するためです。前回話題にした「靴」もそのロッカーで保管します。

 受付嬢のロッカーというのは、たいていが控室の中にあり、一般の社員が出入りするような場所にはないので、実は、それまで派遣された会社では鍵をかけて管理をしたことがありませんでした。非常時に受付嬢同士で何かを貸し借りすることもありますし、それまでの現場ではモノがなくなるようなことは一度も経験してことがなかったからです。ですので、新たに受付嬢として働き出したその企業でも、いつものごとく鍵をかけず帰宅しました。

 …ところが翌日出勤すると、私のロッカーに鍵がかけられていたのです。鍵も隠されていました。

 制服なども全部その中に入っていました。スペアキーもすぐに見つからず、着替えることができません。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus