今日から使えるロジカルシンキング

Paidy売却は布石? ビジネスマンに不可欠な「PayPalマフィア」的着眼点 (2/2ページ)

苅野進
苅野進

 かつて、そうした既存の金融サービスから漏れた層に対しては「信用が低くても貸して、強引にでも取り立てる」というサラ金や消費者金融のビジネスモデルしか存在しませんでしたが、Paidyは実にスマートな形態で解決策を提供したと言えます。そして、そのような層への「提供側から見るとハードルが高い」サービスを構築できると今度は

既存顧客を破壊的に奪う

 という好循環が始まります。「クレジットカードを持てない人」へのサービスとして始まったのが、「クレジットカードを持つ必要がない」という層を作り出すのに至るのです。

「本当に参入障壁なのか?」に新規事業のヒント

金融機関が膨大な経験と優秀な人材によって与信審査をしているが、それは本当に彼らにしかできないのか?

 マーケットはすでにわかりやすく存在するわけですから、「参入障壁(だと思われているもの)」を明確化し、突破口を見つけ出すというのは「何か新しいサービスはないかな~」と漠然と考えるよりも「新規事業」として狙いやすいものなのです。

 「『分割払いでも利息なし』って無茶苦茶だ」という考えも、「手数料は店側が持てばいい。売れないよりはいいでしょ」という、これまたテレビショッピングなどで昔から存在した「分割手数料は無料!」という仕組みでPaidyはあっさりと突破しています。既存の金融サービス企業はなかなか踏み出せなかったのではないでしょうか。

 小さな企業群が泥臭く始めたBNPLのサービスは、構築したシステムを大企業が買収し始めるというフェーズに入りました。PayPalを創業し、売却した後にもその資金を元に次々と新しいことに挑戦・投資している“PayPalマフィア”と呼ばれる起業家たちのように、売却後も次の「破壊」に向けて既存サービスの不具合に目を向けているのかもしれません。

苅野進(かりの・しん)
苅野進(かりの・しん) 子供向けロジカルシンキング指導の専門家
学習塾ロジム代表
経営コンサルタントを経て、小学生から高校生向けに論理的思考力を養成する学習塾ロジムを2004年に設立。探求型のオリジナルワークショップによって「上手に試行錯誤をする」「適切なコミュニケーションで周りを巻き込む」ことで問題を解決できる人材を育成し、指導者養成にも取り組んでいる。著書に「10歳でもわかる問題解決の授業」「考える力とは問題をシンプルにすることである」など。東京大学文学部卒。

【今日から使えるロジカルシンキング】は子供向けにロジカルシンキングのスキルを身につける講座やワークショップを開講する学習塾「ロジム」の塾長・苅野進さんがビジネスパーソンのみなさんにロジカルシンキングの基本を伝える連載です。アーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus