• 日経平均00
  • ドル円126.76126.79

大ぶり数の子で食べ応え抜群!本場・函館で加工した松前漬けを販売

産経ネットショップでは、北海道函館市で様々な海産物の加工品を手掛ける「竹田食品」の人気商品「数の子松前」の販売を始めました。1袋500グラムと小分けにされているので冷凍保存しやすく、好きなだけ解凍して味わえます。ご飯のお供や酒の肴としてだけでなく、和風パスタなどにアレンジするのもおすすめです。<産経ネットショップ>

松前漬けは、その名前の通り、松前藩(現在の北海道松前町)が発祥の郷土料理。数の子とスルメイカ、昆布をしょうゆベースのタレに漬け込んだ珍味です。

産経ネットショップで販売している「数の子松前」は、大ぶりなニシンの卵とスルメイカ、独特のぬめり感を持つ北海道産の「がごめ昆布」を使用。竹田食品独自のしょうゆタレに3日間、じっくりと漬け込んだもので、平成7年には全国水産加工総合品質審査会で水産庁長官賞を受賞しています。

数の子は、訳あり品で使われる切れ子ではなく、大ぶりな数の子を1本まるごと使いました。1袋(500グラム)に4~6本(目安)入りで、食味を増すために使っているバラ子も含め、全体の約60%が数の子という贅沢な逸品です。

松前漬けというと樽のイメージがありますが、袋入りにすることで冷凍保存しやすく、また、少しずつ解凍して食べられます。賞味期限は発送時に残存3カ月の商品をお届けするため、お得なまとめ買いがおすすめです。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)