• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.18135.24

通勤型車両なのに男性用トイレと展望席…京急が新型車両に“凝った”ワケとは

東京と三浦半島、羽田空港を結ぶ京浜急行電鉄が20日、トイレや自動回転式の座席を備えた新型車両の運行を今春から始めると発表した。通勤型車両には珍しく、新幹線や一部の特急用車両にしかない男性用トイレ(小便器)が備えられている。聞けば、運転席の後ろに「展望席」まで用意した意欲作。塗装の必要がないステンレス車両にもかかわらず、「京急らしさ」を保つため、わざわざ車体全体に塗装を施す力の入れようだ。車両番号の付け方も改められ、京急のニューフェイスはこれまでの車両とは一線を画する“あつらえ”でお目見えする。

SankeiBiz編集部の鉄道コンテンツはこちらをクリック

今年春から順次営業運転を開始する新型車両のイメージ(右)と製作中の車両(京浜急行電鉄提供)
今年春から順次営業運転を開始する新型車両のイメージ(右)と製作中の車両(京浜急行電鉄提供)

4両編成のうち2両にトイレ

「トイレを付けないとダメなのかといわれると、当社はそこまで距離が長いわけではありません」

京急の始発駅は東京・泉岳寺。終点の三崎口までは約65キロ、快特で1時間10分ほどだ。京急の広報担当者が言うように、トイレは必要不可欠な設備ではなく、今回の新型車両で初めて設けられた。最も速い種別の快特は日中10分間隔で運行されており、途中駅で電車から降りて駅構内のトイレで用を足しても、10分後には後続の快特に乗ることができる。京急だけでなく、首都圏の私鉄は高頻度で運転されており、私鉄の通勤型車両といえば、トイレはないというのが“常識”だった。

実は、車両にトイレを設置するのは容易なことではない。トイレのスペースを確保するため車両の定員が減ってしまうという問題もあるが、何より、車両のタンクにたまった汚水を抜き取る施設が必要になる。小田急電鉄や東武鉄道のように、もともとトイレの付いた有料特急列車が走っている私鉄路線ならいざしらず、京急のように初めてトイレ付きの車両を導入する場合は、タンクに溜まった汚水を抜き取る施設も整備しなければならないのだ。

京急は今回の新型車両導入にあたり、金沢文庫(横浜市金沢区)と京急久里浜(神奈川県横須賀市)にある車両基地で汚水を抜き取る施設を整備しているという。

新型車両は「1000形」という形式で、4両編成が2本、計8両製造される。2号車にバリアフリーに対応した洋式トイレを設置し、隣の3号車に男性用トイレが設けられた。有料の特急用車両でも男性用トイレがないことは珍しくない。まして、特別料金不要の通勤型車両で男性用トイレが設置されるのだから、特筆すべきことだろう。4両編成の半分にあたる2両にトイレがあるというのも驚きだ。

「当社ではビール列車などのイベント列車、貸し切り列車を走らせています。イベント列車ではトイレが付いていたほうが良いということで設置しました」と担当者。新型車両はこうしたイベント列車での使用も想定している。確かに、臨時運転のイベント列車では、途中駅で下車して用を足すのは難しいかもしれない。ビール列車であれば、なおのこと。トイレが複数設けられたのもうなずける。

座席も一般的な通勤型車両とは大きく異なっている。

通常は、線路と同じ方向に長いすが並ぶ「ロングシート」、座席指定列車で運行するときは進行方向に向いて座れる2人がけの「クロスシート」に転換するという「自動回転式シート」を備えている。

「当社では初めてですが、L/Cカーは他社さんも、ほぼ導入しています」と担当者。「L/Cカー」とは聞きなれない言葉だが、ロングシートにもクロスシートにもなる「デュアルシート」を備えた車両を指すようだ。ロングとクロスの頭文字を取って、こう呼ばれているらしい。関西の近畿日本鉄道(近鉄)では1996年に登場しており、すでに四半世紀の歴史がある。

自動回転式のデュアルシートを備えた車両は近年、関東でも座席定員制・指定制の「ライナー」向けとして導入が進んでおり、東武東上線の「TJライナー」をはじめ、横浜高速鉄道みなとみらい線から東急東横線、東京メトロ副都心線、西武池袋線などを直通する「S-TRAIN」のほか、最近では東武伊勢崎線・東京メトロ日比谷線直通の「THライナー」でも採用されている。

京急で導入される自動回転式の座席は、新型コロナウイルスなどに対する抗ウイルス効果が確認されたシート地を採用。「ウィズコロナ」時代に合った安心な車両になっているという。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)