H&M、中国で売上高急減 ウイグル問題で不買運動

    スウェーデン衣料品大手H&Mが1日発表した2021年3~5月期決算は、売上高が465億900万クローナ(約6千億円)だった。新型コロナウイルス禍からの回復に伴い、前年同期から62%増加した。一方、地域別では中国が28%減の16億クローナと急減。新疆ウイグル自治区の人権問題に懸念を示し、不買運動を招いたことが響いた。

    北京の商店街にあるスウェーデン衣料品大手H&Mの店舗=3月28日(ロイター)
    北京の商店街にあるスウェーデン衣料品大手H&Mの店舗=3月28日(ロイター)

    中国では3月、H&Mが新疆ウイグル自治区での強制労働を懸念して新疆綿を使わないと表明していたことに批判の声が高まった。不買運動が起き、主要なネット通販サイトでH&Mの商品が検索できないようになったという。

    中国以外の地域別売上高は、ドイツが21%増の62億クローナ、英国は89%増の33億クローナと堅調だった。日本は50%増の10億クローナだった。(共同)


    Recommend

    Biz Plus

    Recommend

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)