• 日経平均27858.13-169.71
  • ドル円138.91138.92

水素燃料の次世代航空機開発に210億円拠出 脱炭素基金

脱炭素社会の実現に向け企業の技術開発を支援する2兆円基金について、投資内容を検討する経済産業省の作業部会が8日開かれ、2つの分野から予算上限案が示された。燃料に水素を用いる水素航空機を軸にした「次世代航空機」テーマは210・8億円、水素やアンモニアなどを燃料とする船舶開発を目指す「次世代船舶」は350億円を提示した。今後、7月中をめどに新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募を行う方針。

経済産業省=東京都千代田区
経済産業省=東京都千代田区

経産省が取りまとめた次世代航空機では、水素エンジン燃焼器開発に116・3億円▽水素燃料の機体の貯蔵タンク開発に48・5億円▽機体の構造検討に10・2億円。また、中小型航空機の主翼などに用いる炭素複合繊維の軽量化などの技術開発に35・8億円とした。

次世代船舶については、水素燃料船開発に210億円▽アンモニア燃料船119億円▽LNG(液化天然ガス)燃料船のメタンスリップ対策21億円。国土交通省によれば船舶のライフサイクル(製造~解体)全体での二酸化炭素排出量のうち、98%が運航に由来することから、燃料転換が最重要と位置付けた。

基金は、脱炭素に伴う産業転換の取り組みを加速させる重要18領域を指定、開発企業に補助金として拠出する。経産省の審議会のワーキンググループが、研究案件が社会実装までを見通した要素技術かどうかなどを検討した上で公募案をとりまとめる。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)