• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.20

甲斐氏、東京高検検事長に就任 刑事手続き「IT化進める」

東京高検検事長に16日付で就任した甲斐行夫氏(61)が20日、東京・霞が関で記者会見し、「厳正公平、不偏不党を旨として真摯(しんし)に努力していく」と抱負を語った。東京高検の検事長は法務検察の序列ナンバー2。

就任会見に臨む甲斐氏=20日、東京・霞が関(吉原実撮影)
就任会見に臨む甲斐氏=20日、東京・霞が関(吉原実撮影)

刑事手続きのIT化について問われると、「(日本国内では)非常に保守的なやりかたをしていると思う。着実にIT化を進めていかないといけない」と述べた上で、セキュリティーの確保と法制面の整備などを課題に挙げた。

平成30年6月施行の改正刑事訴訟法で導入された司法取引(協議・合意制度)については「うまく事件に使える状況があれば躊躇(ちゅうちょ)することなく活用できればいいと思う」と語った。

甲斐氏は大分県出身で、東大法学部卒業後、昭和59年に検事任官。東京地検検事正や高松高検検事長を経て、令和2年6月から福岡高検検事長を務めた。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)