• 日経平均27999.96-249.28
  • ドル円134.98134.99

NY株反発、153ドル高 金融緩和縮小の警戒和らぐ

29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比153・60ドル高の3万5084・53ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)による量的金融緩和政策の縮小への警戒感が和らぎ、買いが優勢となった。

米ニューヨーク証券取引所(AP)
米ニューヨーク証券取引所(AP)

2021年4~6月期の米実質国内総生産(GDP)が市場予想を下回ったことが、FRBの政策変更にしばらく時間がかかるとの思惑を誘った。自動車のフォード・モーターが年間の利益予想を引き上げるなど、企業業績が堅調な見通しとなっていることも相場を支えた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、15・68ポイント高の1万4778・26。

個別銘柄では、保険のトラベラーズや石油のシェブロンの上昇が目立った。医薬品のメルクは下げた。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)