• 日経平均27777.90-448.18
  • ドル円134.30134.33

【気になる!】文庫『色の名前の日本史』

美少年の平敦盛が着ていた鎧(よろい)の色「萌葱(もえぎ)匂い」は「萌黄(もえぎ)匂い」とも書く。中学で「平家物語」を教わったときは黄色と思い込んでいた。本書によると、萌葱色は葱(ねぎ)の萌(も)え出る色から生じた緑系の色名。萌葱匂いはそのグラデーションで、若武者ぶりを表している。

『色の名前の日本史』
『色の名前の日本史』

本書は、日本の伝統色138色の名前を色見本や歴史的逸話とともに紹介している。江戸時代に流行した茶色は煤竹(すすたけ)、路考茶(ろこうちゃ)、海松(みる)茶…と、さまざまな茶系色を取り上げた。浮世絵に使われた青や王朝文学の装束の色なども。平成15年に刊行された新書の文庫化。古典を読む際のお供に。(中江克己著、青春文庫・1078円)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)