• 日経平均27049.47178.20
  • ドル円136.16136.19

7月の貸出残高、伸び率低水準 資金需要が一服

日銀が10日発表した7月の貸出・預金動向(速報)によると、国内銀行と信用金庫を合わせた月中平均の貸出残高は、前年同月比1・0%増の578兆496億円だった。残高は高い水準が続いたが、伸び率は平成24年11月以来の低水準で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う企業の資金需要に一服感が出てきた。

東京都中央区の日本銀行本店(川口良介撮影)
東京都中央区の日本銀行本店(川口良介撮影)

国内銀行は前年同月比0・5%増の501兆6915億円だった。大手銀などの「都銀等」は1・4%減の231兆3501億円。借入金を返済する動きから2カ月連続のマイナスとなった。地方銀行と第二地方銀行の合計は2・3%増の270兆3414億円。

都銀と地銀・第二地銀を合わせた実質預金と譲渡性預金の残高は5・7%増の830兆5798億円だった。コロナ禍の消費抑制で高水準となっている。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)