• 日経平均28333.52209.24
  • ドル円114.57114.59

阪急梅田本店でクラスター 食料品売り場など休業

エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは16日、傘下の阪急百貨店梅田本店(大阪市北区)で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したため、17日から当面の間、地下1階の食料品売り場と1階のアクセサリー・シーズン雑貨売り場を臨時休業すると発表した。

クラスターが発生した阪急百貨店梅田本店(大阪市北区)
クラスターが発生した阪急百貨店梅田本店(大阪市北区)

H2Oによると、7月27日から8月16日までに食料品売り場を中心として従業員計89人の感染を確認。同日、大阪市保健所から「クラスターが発生したと判断した」との連絡があった。

今後、感染者が判明した売り場の従業員約3千人を対象にPCR検査を実施し、売り場の消毒や清掃を徹底する。検査で陰性が確認された従業員で販売態勢が整う売り場から、順次営業を再開する。

H2Oでは7月下旬以降、阪神百貨店梅田本店(同区)でもクラスターが発生し、7月31日と8月1日に全館を臨時休業。1階と地下1階の食料品売り場は休業を続けており、20日からの営業再開を予定している。


Recommend

Biz Plus