• 日経平均27049.47178.20
  • ドル円136.13136.16

【THE古墳】「御陵が焼ける」仁徳天皇陵に突き刺さった焼夷弾

築造時期や被葬者など謎に満ちた仁徳天皇陵古墳で、正確な年月日や時間帯までが明らかな出土遺物がある。「昭和20年7月10日未明」。米爆撃機B29が堺大空襲で投下した焼夷(しょうい)弾だ。平成30年の発掘で見つかった。死者1800人以上、同古墳には300発が投下されたという。この夜、戦火の中を逃げ惑いながら「御陵が焼ける」と叫んだ少年がいた。堺市在住の歯科医で考古学研究者、宮川徏(すすむ)さん(88)。古墳に隣接する学校に通い、級友が犠牲になった。「古墳まで戦場になった時代があった」と声を振り絞るように語った。

焼夷弾から油が漏れていた

平成30年11月、墳丘を囲む内側の堤(つつみ)「第1堤」を発掘していた宮内庁と堺市の担当者は、予想外の出土品に目を見張った。六角形をした筒状の鉄製で、2カ所の発掘区域から1本ずつ出土。いずれも太さ7~8センチ、長さ30~40センチで、米軍の「M69 6ポンド焼夷弾」だった。当時の日本に多かった木造家屋が燃えやすいよう、内部にはナパーム油脂約2リットルが充塡(じゅうてん)され、ナパーム弾と呼ばれた。

焼け野原になった堺の市街地=昭和20年(堺市提供)
焼け野原になった堺の市街地=昭和20年(堺市提供)

「地面に突き刺さるような状態で見つかった。最初は鉄パイプかと思った。焼夷弾が埋まっているとは」

調査を担当した堺市博物館の海辺博史学芸員(48)は、発掘現場の様子を語った。発掘時の振動のためか、70年以上たっていながら、中の油状の液体が漏れ出していた。「粘り気が強くドロドロしていた。これが市街地を焼き尽くすためのナパームだったのかと思った」

2本とも信管が残り、爆発の危険があったため、発掘作業を中断して警察に連絡。陸上自衛隊が持ち帰って爆破処理をした。

昭和20年、堺市内は3月13日から終戦間近の8月10日まで計5回にわたって米軍による空襲に見舞われた。なかでも7月10日未明は最も被害が大きく、午前1時半からわずか1時間半の間に約100機のB29が襲来。1860人が犠牲になり、民家など約1万8千戸が全焼したという。

「今夜はこっちに来んやろ」

当時12歳で、堺の市街地に住み、同古墳西隣の農学校1年生だったのが宮川さん。

7月9日深夜、大阪府南部の和泉山脈のさらに南側の空が、赤く染まっていた。「気の毒に、今夜は和歌山がやられたなあ」と大人たちが話していたという。このとき、和歌山市内が空襲に見舞われ、1100人以上が犠牲になった。

「今夜はもうこっち(堺)に来んやろ。そろそろ寝よか」。寝床に入ってほどなくだった。宮川さんは、パパーンという炸裂(さくれつ)音で跳び起きた。「早く逃げろ」と父の声。母や弟、姉と一緒に、荷物を乳母車に載せて避難した。

仁徳天皇陵古墳の北1キロあまり離れた場所に来たとき、ザアーッという激しい夕立のような音が響いた。同古墳の森が暗闇に浮かび、その上に焼夷弾の赤い光が次々と落ちていった。

「御陵が焼ける、御陵が焼ける」

思わず叫んだ。「古墳を標的にしているようだった」と振り返る。

しかし、不思議にも古墳が炎上することはなかったという。「爆弾が落ちたところがちょうちんのようにボーっと明るくなったが、燃え上がることはなかった。梅雨明け前で、木が雨の水分を含んでいたからだろう」と話す。

「御墳墓ニハ異常アラセラレズ」

仁徳天皇陵古墳の被害について、当時の警察当局は詳細に記していた。

・被弾数 焼夷弾約三百個

・被害状況 見張所、哨舎、船小屋全焼 松五本燃焼

「御墳墓ニハ異常アラセラレズ」

天皇陵であることを理由に、「アラセラレズ」と記したところが当時の時代をうかがわせる。

宮内庁は、平成30年に同古墳で発掘された焼夷弾について、7月10日の堺大空襲のものと推定。調査結果を記した同庁発行の「書陵部紀要第71号」(令和元年度)では、投下された焼夷弾の数にも言及した。

警察の記録では300個となっているが、同古墳の全体の面積は46万3千平方メートル。今回は180平方メートルを掘っただけで2本見つかったことから、「実際には報告をはるかに上回る数が投下された可能性が高い」と指摘した。

海辺さんは「古墳の発掘は古墳時代だけではない。焼夷弾が見つかれば、戦争の傷痕も含めて歴史として記録に残さないといけない」と話した。

級友が犠牲に

「あのときの焼夷弾が発掘で見つかるとは」。発掘現場が歴史学会関係者に公開された際、学会メンバーの宮川さんも足を運んだ。

「やっぱり、あいつがおったんか」。すでに焼夷弾は撤去されていたが、見つかった穴を前に、七十数年前の記憶がよみがえった。

空襲の3日後。宮川さんは通っていた農学校に戻り、同級生が亡くなったことを知らされた。避難していた防空壕(ごう)を焼夷弾が直撃したという。トタンの上には、真っ黒に焦げた7人の遺体が並べられていた。

「若い人には昔話かもしれないが、僕にしたら昨日のことのよう。あのときは、生きるか死ぬかしかなかった」

米軍、カギ穴の天皇陵を目印に

戦時中、宮川さんはB29の編隊が農学校上空を北へ飛んでいくのを何度も見た。「仁徳陵のすぐ西を飛んだときは大阪城近くの大阪砲兵工廠(こうしょう)、さらに西方の海側を飛行したときは湾岸部の軍需工場が空襲を受けた」と話す。

国内最大の仁徳天皇陵古墳の特徴は、優美な前方後円形をした墳丘だ。宮川さんは言う。「米軍機のパイロットは空襲に向かう際、このカギ穴形の古墳を目印にしたんだろう。古代ロマンにあふれる古墳が戦場になった時代があったんだ」


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)