• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.18135.24

フェルメールの絵画、完全復元 幻のキューピッドよみがえる

ドイツのドレスデン国立古典絵画館は24日、所蔵するオランダ17世紀の画家、ヨハネス・フェルメール(1632~75年)の傑作「窓辺で手紙を読む女」について、3年前に開始された上塗り層を除去する修復事業がこのほど完了し、来月から同館で開催されるフェルメールに焦点を当てた企画展で一般公開すると発表した。

ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復後)1657-59年頃 ドレスデン国立古典絵画館 © Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Photo by Wolfgang Kreische
ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復後)1657-59年頃 ドレスデン国立古典絵画館 © Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Photo by Wolfgang Kreische

フェルメールが描き、後に別人の上塗りによって隠されていた〝幻のキューピッドの画中画〟がよみがえった。同作品は来年1月22日から東京都美術館(東京・上野公園)で開催される「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」(東京都美術館、産経新聞社、フジテレビジョン主催)で来日公開される。

この作品については、1979年のX線調査ですでに、絵の上部にキューピッドの額装絵画が描かれていることが明らかになっていた。フェルメールはモチーフを幾度も描き直すことで知られ、この画中画も本人が塗りつぶしたと思われていた。

しかし、絵の具層の分析など最新の調査をしたところ、画家の死後に別人によって上塗りされていたことが判明し、注目されていた。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)