• 日経平均27777.90-448.18
  • ドル円134.30134.33

【話の肖像画】評論家・石平(59)(26)大切にしてほしい「日本人の精神」


インタビューを受けて=平成26年
インタビューを受けて=平成26年

《日本人の精神の根幹をなす「武士道精神」。それを具現化させた、歴史上の人物として西郷隆盛を挙げる》


神戸大学大学院に在籍中、司馬遼太郎さんの小説をむさぼるように読んで、日本人の精神に触れたことは述べました。多くの日本人の生き方の中で、僕がもっとも魅力を感じたのが、明治維新の元勲、西郷隆盛です。彼ほど、武士道精神を貫いた人物もいないでしょう。

あれほどの仕事をし、高い地位に上りつめた人間がカネには無頓着で、清貧な生活をした。私利私欲がまったくなく、卑怯(ひきょう)な振る舞いをしない。自分を慕う若い(元)武士たちの心に寄り添い、自分を犠牲にして潔く死んでゆく。西郷ほどの戦略性や大局観をもってすれば、もっと違う道があったかもしれないのに、ですよ。人間の精神が到達できる、最高の高みでしょう。感動しましたね。

西郷の漢詩を見たことがありますが、実にすばらしい。彼は論語などの教養においても優れていました。中国にこんな高潔な人物はいません(苦笑)。

南北朝時代に南朝方として戦った楠木正成(くすのき・まさしげ)も、ある意味では西郷と似ています。

楠木の戦略性の高さは西郷に勝るとも劣らない。本気で戦えばこんな強い武将はいません。ところが最後は、最初から「負けると分かっていた」戦いに挑んで潔く死んでゆきます。(楠木が仕えた)後醍醐天皇は負けると思っていなかったかもしれませんが、楠木には敗戦が見えていた。それでもなお、自分が信じる道、大義のために戦ったのです。この点でも西郷に似ていると思いますね。こうした生き方も中国にはありません。

僕が集めていた司馬さんの小説などは、1995(平成7)年の阪神大震災で被災し、住んでいた文化住宅が半壊したとき、泣く泣く捨てざるを得ませんでした。返す返す、残念でなりませんよ。(聞き手 喜多由浩)

(27)へ進む


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)