• 日経平均27777.90-448.18
  • ドル円135.36135.39

バイデン氏、英豪首脳とそれぞれ会談 仏との対話は依然実現せず

【ニューヨーク=黒瀬悦成】バイデン米大統領は21日、ニューヨークでオーストラリアのモリソン首相と、ワシントンでジョンソン英首相とそれぞれ会談した。ホワイトハウスの声明によると、米豪首脳は会談で中国との競争を念頭に、北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)を含む欧州勢とインド太平洋地域で協力を深化させていく方策について協議したとしている。

ジョンソン英首相(左)と会談するバイデン米大統領=21日、ホワイトハウス(AP)
ジョンソン英首相(左)と会談するバイデン米大統領=21日、ホワイトハウス(AP)

一方、ジョンソン首相は会談の冒頭、米英豪の3カ国が今月立ち上げた安全保障連携の枠組みであるAUKUS(オーカス)について、「世界全体に恩恵をもたらす、大いなる潜在力がある」と強調した。

AUKUSは連携の第一弾として、米英が豪州の原子力潜水艦建造計画を支援することで合意した。

しかし、豪州はそれまで潜水艦開発で協力を受けていたフランスとの契約を破棄したことからマクロン仏政権が強く反発。米英豪はフランスとの関係修復を急いでいる。

サキ米大統領報道官は21日、記者団に対し、バイデン氏がマクロン仏大統領と近く電話会談する方向で調整を進めていると明らかにした。米メディアによると、電話会談は米側が要請しているが、フランスが応じていないという。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)