• 日経平均28162.83-120.20
  • ドル円138.43138.46

【ソウルからヨボセヨ】韓国版うどんvsラーメン

筆者の居住区であるソウルの若者街・新村(シンチョン)で百貨店をはさんだ左右の路地に日本系のうどん店「丸亀製麺」とラーメン店「豚人(ぶたんちゅ)」があってよく出かけた。うどん店はコロナ禍に勝てず閉店したがラーメン店は大健闘で今も列ができている。

いずれも「イラッシャイマセ!」と日本語で客を迎える人気の日本系だったのにこの違いは何か。図式的にいえば、若者街だから韓国の若者がうどんよりラーメンを選択したということか。このラーメン店は麺もスープも客の好みを聞くし、トッピングのネギ、ニンニク、モヤシの量も客しだいだ。1人暮らしでビタミン不足が気になる筆者や学生は「3つともたっぷり入れて!」となる。

ところで「うどん」は以前、ご多分にもれず「日本語だから韓国語の〝ククス〟というべきだ」などと反日主義者に攻撃されたことがあるが今は何もいわれない。その理由としては「中国語の〝饂飩(うんどん)〟が語源だから」という話も聞く。

「丸亀製麺」の撤退は当初、日本うどんの代名詞となった〝サヌキ(讃岐)〟ブームで進出したが、その後、サヌキ系が増えて希少価値が無くなったせいかもしれない。最近は隣町に開店した群馬・桐生名物の幅広麺「ひもかわうどん」の店に列ができている。(黒田勝弘)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)