• 日経平均00
  • ドル円144.14144.16

【ビブリオエッセー】最強ゲーマー兄妹が教えてくれた 「ノーゲーム・ノーライフ」榎宮祐(MF文庫J KADOKAWA)

最強ゲーマー兄妹、「空」と「白」が、全てがゲームで決まる世界に召喚された、というところから物語は始まる。この小説はファンタジーの世界観なのでエルフや吸血鬼などといった空想上の生物たちが登場する。その世界には十六種族が存在し、もちろん人間も出てくるが他の種族と違って魔法などは使えない。

漫画やアニメなど二次元やファンタジーの知識なら自信がある私は「こんなのすぐにやられて終わりだ!」と思っていたが、そうでもなかった。その世界には遊戯の神テトによって「十の盟約」が定められており、全種族はそのルールを破ってはいけないし、破れない。

例えば「争いは全てゲームによる勝敗で解決するものとする」。これによって魔法が使える種族も武力行使で争いを解決してはいけないことになり、人類も微力ながらゲームをして生き残っている。ファンタジーなのにバトルができない新しいジャンルを生み出した榎宮祐さんの発想に驚いた。それと同時に、「こんな世界、あったらいいな」と思った。

『ノゲノラ』に出会う前の私は人生にどこか退屈さを感じていた。なぜなら自分が幼いころに思い描いていた理想の人生とは現状が全くかけ離れていたからだ。人の表情を読み取って、苦しくても笑わなければいけない不条理。頑張っても抗っても平等になれない世界。

空と白もこの世界に何か思うところがあるようで、人生は「クソゲー」だと言っていた。しかし彼らは人間の可能性を信じてどんな難題も乗り越えようとする。つまり二人が嫌ったのは「人間」ではなく「社会」なのだ。

だから私も、可能性を信じて諦めないで生きていこうと思えるようになった。この物語には感謝してもしきれない。

東京都調布市 清水茉莉(13)

投稿はペンネーム可。600字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556―8661 産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールはbiblio@sankei.co.jp。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)