• 日経平均25937.21-484.84
  • ドル円144.48144.49

【朝晴れエッセー】既読がついた!・9月27日

今やLINEは、友達とのメッセージのやり取りや通話などが無料で行える便利さから、多くの人に活用されている。

4年ほど前、妻が他界し独り生活を余儀なくされた。今は76歳の独居老人である。嫁いだ2人の娘は独居の私が心配で仕方ないらしい。

妻存命中は4人でLINEしコミュニケーションを図っていた。正確に言えばその恩恵にあずかっていたのは妻と娘の3人で、スマートフォンを使いこなせない私にはやや荷が重く、その輪の中に入っていたとは言い難い。

そんな私も妻が逝った後、娘たちに諭され朝夕に連絡し合うことになり、以来朝起きたときは「おはよう」。寝る前は「おやすみ」とLINEしている。忘れるときもあり、後でお叱りを受けることがある。

娘たちからすれば、寝込んでいないか、生きているか、確認したいのだろう。

私からすれば娘たち、そして孫たちが日々元気に暮らしているかが分かればよい。

こんなときは、さだまさしさんが歌う「元気でいるか 街には慣れたか…」という『案山子(かかし)』を思い出す。

「おはよう!」と私がLINEすると素早く既読の2文字がつく。なかなかつかないときもある。既読がすぐつくと元気でやっているようだと安心し、なかなかつかないと何かあったのかなと気をもむ。

娘たちも私の既読がついた、なかなかつかないで同じ思いをしているらしい。

「おはよう」「おやすみ」のたった4文字で互いの気持ちが通じ合い、既読のたった2文字が私と娘たちの心を結んでくれる。

橋本一(76) 埼玉県所沢市


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)