• 日経平均26422.05248.07
  • ドル円144.55144.58

仏でWHOの研修施設起工 世界の医療従事者支援

世界の医療・保健従事者が最新の知識を身に付けられるよう研修を行い支援する世界保健機関(WHO)の施設がフランス南部リヨンに設置されることになり、起工式が27日、同国のマクロン大統領とWHOのテドロス事務局長らが出席して行われた。

27日、起工式に出席するフランスのマクロン大統領(左)とWHOのテドロス事務局長=フランス南部リヨン(ロイター=共同)
27日、起工式に出席するフランスのマクロン大統領(左)とWHOのテドロス事務局長=フランス南部リヨン(ロイター=共同)

「WHOアカデミー」と名付けられた施設は近く着工し、2024年初めに研修者の受け入れを始める予定。オンラインでの講義は既に始まっている。

施設は新型コロナウイルスの世界的流行前に構想されたが、テドロス氏は演説で「コロナ流行が医療従事者の重要性や、最新の情報や能力の必要性を再認識させた」と意義を強調した。

リヨンはWHO本部のあるジュネーブに比較的近く、医療研究施設も多い。マクロン氏は自国関係者の能力増進にもつながり、国の戦略にも役立つとして誘致を進めた。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)