• 日経平均26717.34547.04
  • ドル円115.24115.27

インフルとコロナ 同時流行の可能性と接種の間隔は?

新型コロナウイルス感染「第6波」への備えが求められる中、冬場の流行を見据えたインフルエンザの予防接種が始まった。ただ、今シーズンはコロナ禍でインフルワクチンの供給に遅れが生じ、医療現場に影響が出ているという。インフル患者は年間1千万人を超えることも珍しくないが、昨年は約1万4千人と激減。懸念されたコロナとの同時流行は杞憂(きゆう)に終わった。なぜインフルの感染者は激減したのか。今季は一転して同時流行する可能性はあるのか。専門家に聞いた。

ワクチン供給遅れ

厚生労働省によると、インフルワクチンの今シーズンの供給見込み量は、例年と同程度の2567万~2792万本。だが、供給は昨季よりも遅れる見通しになっている。コロナ流行により、ワクチン製造用の資材が世界的に不足しているためだ。

影響はすでに各地の医療機関に及んでいる。大阪市阿倍野区の「潮見クリニック」では供給遅れを受け、接種の開始時期を例年の10月から1カ月先送りした。ワクチンの一部はすでに届いているが、潮見満雄院長(65)は「供給が約3割減ると聞いており、十分な量がいつ届くかも見通しが立たない」と話す。

例年約300人が接種する同クリニックでは、供給量が安定するまでは接種の必要性が高い人らを優先する。潮見院長は「人数や時期を調整しながら進めるしかない」と打ち明けた。

「例年なら9月中旬には一定量の供給があるが、今年は月末になってようやく少量が届いた」。大阪市内にある別のクリニックの男性医師(53)も頭を悩ませる。年内に接種を希望する人が多いといい、「混乱が生じないか心配だ」。

昨季は流行せず

昨シーズンはコロナとの同時流行が懸念されたことから、例年を大きく上回る3342万本のインフルワクチンが国内で供給された。ただ厚労省によると、推計患者数は約1・4万人。約1458万人に上った平成29~30年シーズンのわずか0・1%にとどまった。厚労省が現行方法で調査を始めた平成12年以降、「流行なし」だったシーズンは初めてという。

理由については、海外との行き来の減少のほか、コロナ流行でウイルス同士が干渉したとの説もあるが、明確には分かっていない。一方で、コロナ陽性を判定するPCR検査が、インフルを含む他のウイルスまで検知してしまい、結果的にインフル患者が減ったとの見方もある。だが、これについて厚労省は「コロナかそれ以外のウイルスかどうかは、PCRでほぼ判別できる仕組みになっている」との認識を示している。

愛知県立大の清水宣明教授(感染制御学)は「コロナ対策により、インフルの流行を防ぐことができたと考えている」と話す。マスク着用や換気、手指の消毒の徹底といった基本的なコロナ対策が「結果的にインフルには効果があったのだろう」。

タイミングが関係したとの見方もある。関西大の高鳥毛(たかとりげ)敏雄教授(公衆衛生学)によると、インフルの感染は例年10月後半から広がる。一方で昨年の同時期はコロナの感染再拡大が重なった。多くの人がコロナ対応を改めて強化し「インフルが流行するきっかけが奪われた」との見立てだ。

同時接種は

ただ今秋は状況が異なる。コロナ対策の緊急事態宣言などが解かれ、10月以降は飲食店などへの制限が和らいでいる。そうした状況を踏まえ、高鳥毛氏は「(インフル感染者は)去年よりは増えるかもしれない」と指摘する。

コロナワクチンの接種が進む中、インフルワクチンもやはり接種した方がいいのか。また、間隔はどれだけ空ければいいのか。厚労省は原則として、コロナとそれ以外のワクチンは「同時接種できない」との考えだ。接種については海外の事例を参考に、有効性と安全性を考慮して2週間空けるよう呼びかけている。

清水氏は「重症化リスクがある人は接種した方がよいと考える」。高鳥毛氏も「集団で感染を予防するという観点から、インフルワクチンもできるだけ接種してもらいたい」と述べた。(桑村大、細田裕也)


Recommend

Biz Plus