• 日経平均27522.26-250.67
  • ドル円113.68113.78

【朝晴れエッセー】読書の秋・10月18日

マイブームがきた。昔の文学作品を読むことだ。

きっかけは友達から紹介されたアニメ。そのアニメは、明治時代に活躍した文豪をモデルに、作品に関連する異能を駆使して戦いを繰り広げるというとても面白いアニメだ。

私はそのアニメによって文豪にも興味を持ち、近くの書店で文学作品を8冊買った。

そのアニメの主人公、中島敦の『山月記』、有名で前から読みたいと思っていた太宰治の『人間失格』、美しい描写の国木田独歩の『武蔵野』、あまり買ったことのない詩集の『汚れっちまった悲しみに……』。中原中也の作品だ。

何度読んでもえもいわれぬ気持ちになる名作を生み出している宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』、他にも芥川龍之介、森鷗外、谷崎潤一郎の本を買った。

最近、活字離れの波に乗ってしまい、胸を張って趣味は読書と言えなくなっていたが、こうして文学にふれる機会が訪れた。

新たな趣味や、趣味の復活は思いがけないところからやってきた。出会いに感謝し、そのアニメの小説と漫画も読み始めた。

夜寝る前に心を落ち着かせるために詩にふれる。学校の朝読書で一読み。家に帰ってまた一読み。

休日も時間があるときは文学作品のその世界に入りこみ、読書に没頭するというのも良いかもしれない。

清田舞 14 中学2年生 東京都国分寺市


Recommend

Biz Plus