• 日経平均25937.21-484.84
  • ドル円144.75144.78

本当に魚が釣れる「ルアープラモ」、江戸川区の町工場から間もなく登場

ITメディア

東京の下町・江戸川区にある町工場が作った「ルアープラモ」が、「本当に魚が釣れるプラモデル」として模型ファンと釣り人の間で話題になっている。

作ったのは創業から40年以上、プラモデルや鉄道模型などホビーの金型を手掛けてきたマツキ。これまで業界の裏方に徹してきた同社が、初の自社ブランド商品としてルアープラモの販売を間もなく始める。代表取締役を務める鈴木崇嗣さんに話を聞いた。

「自社商品やりたいね」「実は……」

きっかけは2年ほど前、仕事の合間の雑談だった。鈴木さんが「自社製品をやりたいよね」と何気なく話したところ、ある社員が「ルアーを作りましょう」と言い出した。

面白そうだと思い「それなら製品データ作っていかなきゃだね」と言うと「社長、実はデータもうあります」と衝撃の告白。釣り好きの社員数人が暇を見つけてはルアーの設計をしていたという。

鈴木さんは「社員が『密かに金型まで作っちゃおうかと思ってました」と言い出したので、ちょっと待ちなさい、と。せっかくなら会社として作ってみようということにしました」と振り返る。金型は高価だ。

これまで培ってきた技術を生かせるプラモデルにすることはすぐに決まった。しかし「単なるプラモデルではつまらない」と浸水対策(しっかり接着)さえすれば実際に釣りに使えるものを目指した。

それだけではない。組み立て式のプラモデルという特長を生かし、ルアーの泳ぎ方を決める「リップ」と呼ばれる部分を交換できる構造にした。キットには4種類のリップが付属し、それをベースにカスタマイズもできる。

内部に仕込むウェイト(重り)も変更できる仕様にした。キットには6mm径のステンレス球が3つ入っていて、数や位置を変えるとルアーの動きが変わる。塗装を含め、釣り好きが自分だけのルアーを作れるキットになった。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)