• 日経平均26422.05248.07
  • ドル円144.71144.72

3千人規模でワクチン治験 塩野義、年度内の実用化へ

塩野義製薬は21日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、3千人規模の臨床試験(治験)を20日から始めたと発表した。8月から日本人の成人60人を対象に治験を行い、安全性、有効性を確認できたため次の段階に移行する。令和3年度内の実用化を目指す。

今回の治験では高齢者や過去に新型コロナに感染した人、他社のワクチンを接種済みの人も対象となる。ワクチンを2回接種し、ウイルスの働きを抑える「中和抗体」の数値の上昇や安全性を検証する。実用化後に年最大6千万人分(1億2千万回分)の供給を予定している。

同社は飲み薬タイプの新型コロナ治療薬の開発も手掛けている。ウイルス増殖を抑制して重症化を防ぐ。3年度内に国内で100万人分の供給体制を整える。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)