• 日経平均26422.05248.07
  • ドル円144.57144.60

ドコモ、NTT2社を子会社化 来年1月 法人強化

NTTドコモは25日、持ち株会社のNTTからグループ2社の株式を取得し、来年1月に子会社にすると発表した。長距離固定通信事業などを手掛けるNTTコミュニケーションズ(コム)の全株、ソフトウエア開発を手掛けるNTTコムウェアは株式の66・6%を取得し、法人向け事業を強化する。ドコモの井伊基之社長は東京都内で記者会見し「令和7年度に3社の法人事業を現在の1・6兆円から2兆円以上に拡大させる」と述べた。

中期戦略について記者会見するNTTドコモの井伊基之社長=25日午後、東京都千代田区(鴨川一也撮影)
中期戦略について記者会見するNTTドコモの井伊基之社長=25日午後、東京都千代田区(鴨川一也撮影)

法人事業は「ドコモビジネス」のブランド名で3社の事業を統合させ、法人サービスに実績があるコムが中核を担う。井伊氏はKDDIやソフトバンクといった競合が固定通信や移動通信、システム開発などを一括で行っていることを念頭に「(統合で)必要な武器を一体として(事業を)進められる立場に立った。他社に勝てるサービスを出していけるかが重要だ」と話した。

ドコモなど携帯電話大手は、政府の要請で料金値下げを余儀なくされたことにより収益環境が悪化。携帯電話事業以外の法人事業などの収益拡大を図っている。ただ、他の大手と違い、ドコモは固定通信事業を行っておらず、ソフトウエアやシステム開発に弱点を抱えていたため、昨年12月に2社を子会社化する方針を打ち出していた。

ドコモは法人事業と合わせて、医療や金融など生活関連事業分野を強化する方針も発表。7年度には法人と生活関連を合わせた収益比率を全体の50%以上に拡大させる目標を示した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)