• 日経平均27120.53128.32
  • ドル円144.36144.37

百貨店売上高4・3%減 9月 一部で回復傾向も

日本百貨店協会が25日発表した9月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月比4・3%減となり、2カ月連続のマイナスとなった。新型コロナウイルス流行に伴う外出自粛が響いた。一方、新規感染者数の減少により、中旬以降は一部百貨店で売り上げと来店客数に回復傾向が見られた。

全店ベースの売上高は約3188億円だった。消費税増税前の駆け込み需要があった令和元年9月比は36・4%減となった。

富裕層向けを中心に高額品が好調で、美術・宝飾・貴金属は8カ月連続で前年実績を上回った。外商顧客向けの催事も業績を下支えした。生鮮食品は、天候不順で野菜の価格が高騰したこともあり苦戦した。

地域別では主要10都市が前年同月比3・5%減、10都市以外の地方が6・2%減だった。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)