• 日経平均00
  • ドル円144.01144.02

新たなイノベーションを創造するために、今知るべき外部リソースの活用術

「Founders Night Marunouchi」は、スタートアップの第一線で活躍する経営者から学びを得ることを目的に、三菱地所が運営する起業家支援コミュニティ「東京21cクラブ」と、イベント・コミュニティ管理サービス「Peatix」との共同開催のイベントシリーズです。

2021年10月5日に開催されたイベントで語られたテーマは「世界先端人材との共創が生み出すこれからの価値創造」。

世界先端人材とは、グローバルに活躍しているビジネスエキスパートのこと。企業の課題に伴走することで、新たなイノベーションを創造する可能性を秘めています。なぜ、世界先端人材との共創が求められるのでしょうか。そして、大手企業における外部リソース活用のポイントとは-。

今回お招きしたのは、スクラム型課題解決を提供するプラットフォーム『SWAT Lab』を運営する、株式会社SWAT Lab代表の矢野圭一郎さんと、街づくりのDXに取り組む三菱地所株式会社DX推進部の春日慶一さん。Peatix Japan取締役の藤田祐司さん、東京21cクラブ運営統括の旦部聡志がモデレーターを務め、大企業がエキスパート人材の知見を活かし、イノベーションを創出するための方法について伺いました。

エキスパートネットワークが生み出す「価値」とは

イベントの冒頭、矢野さんは創業理由とともに、世界に分散するエキスパートネットワークを活用したビジネスについて語りました。

矢野さんは、Salesforce.comやGoogleなど、外資系IT企業で法人向けクラウドサービスの事業開発を経て、2017年にドイツ・ベルリンにオープンイノベーション支援事業を展開するInteracthub GmbHを設立。その後、ベルリンでWeb3.0系の企業が目指していた新しい組織の形、自律分散型組織(DAO)とそこにつながるロケーションや職種を問わない新しいチームの働き方に影響をうけて、東京に2020年に株式会社SWAT Labを創業しました。SWAT Labは『企業と人の新しい関係性を創る』をビジョンに掲げています。

海外で起業した理由をこう語ります。

矢野「日本における起業直後のイメージは、極端に言うと『マンションの一室に籠もって、ひたすら働き続ける』といった印象があるかと思います。それに、いきなり『海外でビジネスを』と考える人はあまり多くないですよね。でも、スペインのビジネススクールに通っていた際に出会った起業家たちは、そういったイメージとかなり異なっていました。

働き方はとてもスマートだし、いきなり国をまたいでビジネスを展開するなど圧倒的に自由だと感じました。起業にも様々なスタイルと多様性があることを知りました。

自分もスマートに、グローバルに働く起業家を目指したい。しかし、日本国内に目を向けるとロールモデルがほとんど存在しないことに気付き、自分がそのロールモデルになろうと思いました」

『SWAT Lab』は、世界中のエキスパートの知見を活用し、導入企業の新規事業をサポートするSaaSです。同サービスのコミュニティには、エンジニアリングやUXデザイナー、データサイエンスなど、様々な領域のエキスパートが世界中から参加しています。導入企業は、プラットフォーム上で課題解決のエキスパートチームを即結成することができ、テキストチャットを用いてアドバイスを受け取ることが可能です。その知見をもとに自社の課題を解決に導き、テキストの非同期コミュニケーションで信頼関係を気づいた上で採用やプロジェクト発注に結びつけることも可能です。

矢野「ビジネスにおける成長や変化が加速しつつある中で、『人』の活用はますます重要になっています。今後は会社の枠を超え、様々な分野のエキスパートを必要に応じて迎え入れ、スピード感を持って課題を解決していくことが必要です」

さらに、『SWAT Lab』が月額制でサービスを提供する背景には、エキスパートたちの働き方の変化があります。

矢野「これまでは、プロジェクト期間に応じてフィーを設定し、時間に応じてコミットしてもらう方法が主流でした。しかし、市場でトップクラスの評価を受けているエキスパート人材の多くは、本業にコミットして『成果』で動いているため、副業を『人日』『人月』といった単位で『労働時間の切り売りモデル』でフルコミットして行うことは難しい。

エキスパートたちは、『どれだけの時間コミットしたか』より『どれだけの価値を生み出せたか』を重視して個々のプロジェクトにコミットしているわけです。だからこそ、プロジェクトの期間に応じて料金を設定するのではなく、月額制でサービスを提供しています」


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)