• 日経平均27999.96-249.28
  • ドル円134.98134.99

東電が通期業績予想を赤字に修正 燃料高で

東京電力ホールディングスは27日、令和4年3月期連結業績予想について、最終損益を前回予想の670億円の黒字から160億円の赤字に下方修正したと発表した。燃料高により調達コストが一時的に拡大するため。赤字は福島第1原発事故後に収益が悪化した13年3月期以来9年ぶり。

東電は柏崎刈羽原発(新潟県)が核物質防護の不備問題で再稼働が見通せず、火力発電に頼らざるを得ない。新型コロナウイルス禍からの各国の経済回復で、燃料の液化天然ガス(LNG)や原油は需要が拡大し価格上昇が続いており、調達コストは今後も膨らむ見通しだ。

同日発表した21年9月中間連結決算は売上高が2兆2107億円、純利益が886億円だった。今期から会計基準を変更し単純比較できないとして、前年同期比の増減率は示していない。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)