• 日経平均27120.53128.32
  • ドル円144.75144.76

統幕長、中露の連携強化に警戒感 艦艇列島周回で

防衛省制服組トップの山崎幸二統合幕僚長は28日の記者会見で、中国とロシアの海軍艦艇計10隻が、日本列島を周回したことに関し「両国の軍事面での連携が進んでいることを示すものだ。重大な関心を持って注視する」と警戒感を示した。

山崎幸二統合幕僚長
山崎幸二統合幕僚長

山崎氏は10隻が2列に並び、等間隔で隊列を組む「戦術運動」とみられる動きをしていたと指摘。列島周回の狙いについて「示威活動を意図したものとも考えられる」と述べた。

自衛隊は、中露の駆逐艦など10隻が18日から23日にかけて列島周辺を同時に移動するのを確認し、警戒監視に当たった。10隻は日本海から津軽海峡を通過し太平洋側を南下。伊豆諸島付近を経て、大隅海峡から東シナ海に入った。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)