• 日経平均27107.15-204.15
  • ドル円144.96144.99

在露大使館の門修理できず 米職員激減、深刻な影響

モスクワの大使館の門やエレベーターの修理すらできない―。米国務省高官は27日、米露間で長引く外交官追放合戦で、ロシアで活動できる米外交官が激減し大使館機能に深刻な影響が出ていると記者団に明らかにした。「難局に直面している」と述べ、来年までこの状態が続けば大使館が十分に機能しなくなると窮状を訴えた。

米国務省=ワシントン(AP)
米国務省=ワシントン(AP)

高官によると2017年に計1200人ほどロシアにいた米外交官や職員が10分の1程度に減った。大使館の設備の保守点検修理や職員の健康管理、警備が滞り、防火管理体制も十分ではないという。高官は「エレベーターが使えなくなると重いものを運べなくなる」などと強調した。

バイデン政権は今年4月、サイバー攻撃などを理由にロシア外交官10人の追放を発表。ロシアは報復として、同数の外交官追放に加え、米国を「非友好国」に指定し、米公館でのロシアや第三国の国民の雇用を禁じた。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)