• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.20

「毎日カレー」生活を1カ月やってみた 我が家に起きた変化とは?

1カ月間毎日カレーを食べていました(筆者撮影)
1カ月間毎日カレーを食べていました(筆者撮影)

筆者宅は夫婦と小学生以下の子供3人の5人家族です。ある日のこと、夕食に何をつくろうかな? と思い、家族全員に「どんなメニューだったらうれしい?」と聞いたところ、全員が好きだと答えたのが「カレー」でした。

全日本カレー工業協同組合の調査(平成22年)によると、日本は、国民ひとりが1カ月あたり4皿も食べている“カレー大国”なのだそうです。

考えてみると世界には毎日、毎食のようにカレーを食べている国もありますよね。そこで我が家も「毎晩カレーだったらどうなのか?」と考えるようになり、ではやってみよう! ということになりました。今回は9/25~10/25までのひと月、毎日カレーを食べ続けた我が家に起こった変化をご紹介します。

1.使う調理機器、食器が少なくなった

皆さんは「カレーをつくる」と想像したときにどんな家事を思い浮かべますか?

私が一番に思い浮かんだのが「洗い物が面倒」でした。カレーといえば「油分でお鍋がギトギトに汚れる」とデメリットを想像したのです。

そこでカレー好きの友人に“お鍋に汚れが溜まりにくいカレー”ってどうすればいいのか? と聞いてみたところ、市販のルウを使ったいわゆる日本のカレーではなく、小麦粉を使わない「スパイスカレー」であればお鍋のギトギト汚れを感じにくい、と言うのです。そこで、スパイスカレーを自分でつくってみることにしました。

スパイスカレーのつくり方は、「私でもスパイスカレー作れました!」という本を参考にしました。中身が漫画になっているため、夫婦はもちろん、子供たちが積極的に読み、あっという間にスパイスカレーのつくり方を覚えてくれました。

このように「家族みんなで1から学んでいく」という進め方をするのがスムーズな家事シェアなのだろうな、と思った瞬間でもありました。

さて、実際につくってみると、使う調理機器が「お鍋とおたまだけ」ということに驚きました。ルウがサラサラしているので、なるほど! たしかにお鍋の汚れもサッと取れます。さらに使う食器、も「カレー皿とスプーン」だけ。洗い物が一瞬で終わりました。

2.野菜や栄養がまとめて摂取できるようになった

毎日カレー生活を始めてからというもの、「さすがに飽きるのでは?」という質問をよく頂戴します。たしかに同じ味のカレーばかり食べていると飽きますね。

そこで筆者宅では日によってはグリーンカレーやドライカレーにしてみたり、ついには昼食のおでんの残りにカレーの素を入れて「和風カレーもどき」にもチャレンジしました。

スパイスカレーは日本で言うところのお味噌汁と似ているのでしょうか。アレンジをすることで毎日カレーを食べているのにストレスを感じることはありません。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)