岸田首相「感染予防に全力挙げる」 タスクフォースも立ち上げ

    岸田文雄首相は30日、国内で新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染が初めて確認されたことを受け、首相官邸で関係閣僚との協議を行った。首相は「水際対策と国内の感染予防に全力を挙げる必要がある」などと強調。感染対応のため松野博一官房長官を議長とするタスクフォースを立ち上げることを決めた。首相との協議後、後藤茂之厚生労働相が記者団に明らかにした。

    後藤茂之厚労相(矢島康弘撮影)
    後藤茂之厚労相(矢島康弘撮影)

    後藤氏は、オミクロン株に感染した30代男性についてナミビアの外交官であることも説明した。男性は28日にアフリカ南部のナミビアから成田空港に到着。政府は男性と同乗した71人全員を濃厚接触者として扱い、自宅待機などの措置をとった。


    Recommend

    Biz Plus

    Recommend

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)