• 日経平均28546.98727.65
  • ドル円133.51133.52

「現実路線転換見極める」 立民代表に泉氏、他党かじ取り注視

30日、立憲民主党の新代表に選ばれた京都3区選出の泉健太氏(47)。府内でも、関係者らが新たなかじ取りに注目した。

泉氏が党新代表に選ばれ万歳をする支援者ら=京都市伏見区の泉健太事務所
泉氏が党新代表に選ばれ万歳をする支援者ら=京都市伏見区の泉健太事務所

「同じ考えの野党と大きな塊を目指してもらいたい。そのためには野党第1党として、リーダーシップを発揮していくことが重要だ」。こう注文するのは、立民を支援する連合京都の広岡和晃会長だ。

この日、泉氏は共産党との共闘に関して見直す考えを示し、国民民主党については、関係改善に意欲をみせた。

国民の前原誠司代表代行は「泉氏は立民を現実路線に向けようとしているが、党全体がその方向に転換できるのかは見極めなければならない」と述べ、注視する姿勢を示した。共産の穀田恵二国対委員長は、野党共闘の今後について「泉氏の代表就任で、さらに前進することに期待したい」と話した。

立民関係者からは、新代表への期待の声が広がる。

「全国から多くの支持が集まり、うれしい」。府内の議員有志が代表選告示後に立ち上げた「泉健太を応援する会」の代表、片桐直哉京都市議は笑みをみせた。

就任会見で泉氏は「国民目線で国民中心の政治をしていく」と党再生への決意を表明しており、片桐氏は「立民支持者以外の支持を得られなければ党勢は拡大しない。泉さんと政策を磨き、丁寧に国民に伝えていきたい」。党府連幹事長の田中健志府議も「京都で育ててもらった政治家が党中枢に存在し続けることは心強い。信頼してもらえる政党に」と期待を込めた。(平岡康彦、園田和洋、秋山紀浩)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)