東関東道、1日から一部で最高速度110キロに引き上げ

    千葉県警は、12月1日午後3時から東関東自動車道の一部区間で最高速度を110キロに引き上げる。同県内で高速道路の法定速度が100キロを超えるのは初めて。

    千葉県警本部(林修太郎撮影)
    千葉県警本部(林修太郎撮影)

    対象区間は上り線成田JCT-四街道ICまでの約20キロと下り線四街道IC-成田JCTの約18・5キロ。

    県警交通規制課によると、対象区間は片側3車線で、大きなカーブもなく、死傷事故の発生率も低いという。実際の走行速度も100キロを超えており、最高速度を引き上げても安全に走行できるとみている。約1年後に影響を検証し、問題がなければ最高速度を120キロに引き上げる方針。

    同課の担当者は「標識をしっかり確認し、安全運転をしてほしい」と呼び掛けている。


    Recommend

    Biz Plus

    Recommend

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)