日医会長、追加接種の前倒しは「考える必要出てきた」

    日本医師会の中川俊男会長は1日の記者会見で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に対応するため、ワクチンの2回目接種から「原則8カ月以上」としている3回目接種の接種間隔について「ワクチンを確保でき、接種態勢が整った自治体から、前倒し接種を進めることを考える必要が出てきた」と述べた。

    日本医師会の中川俊男会長
    日本医師会の中川俊男会長

    中川氏は、日医がこれまで「6カ月経過での接種はあくまでも例外的取り扱いとすべきだ」との考えを示していたことに関しては「各地での混乱を危惧したためだ」と説明した。

    そのうえで「原則通り8カ月のところと、前倒しする自治体とで住民が混乱しないよう、国にはワクチン供給スケジュールの透明性を高め、円滑に供給していただきたい」と強調した。


    Recommend

    Biz Plus

    Recommend

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)