ガソリン168円60銭 3週連続値下がりも高値

    経済産業省が1日発表した11月29日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、22日時点の前回調査と比べて10銭安い168円60銭だった。3週連続の値下がりだが高値水準が続いた。

    ガソリンスタンドで給油する男性=東京都内(桐山弘太撮影)
    ガソリンスタンドで給油する男性=東京都内(桐山弘太撮影)

    灯油18リットル(一般的なタンク1個分)当たりの価格は2円高い1952円。平成20年10月以来、約13年1カ月ぶりの高値で推移している。冬場の暖房需要が高まる中、家計には負担となる。

    調査した石油情報センターは、レギュラーガソリンの小売価格は来週も値下がりを予想している。

    ハイオク1リットル当たりの全国平均小売価格は20銭安い179円40銭、軽油は10銭安い148円40銭だった。


    Recommend

    Biz Plus

    Recommend

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)