• 日経平均25937.21-484.84
  • ドル円144.50144.51

英 来年1月末までに全成人の3回目接種を行う目標表明

【ロンドン=板東和正】ジョンソン英首相は11月30日の記者会見で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に対応するため、18歳以上の全成人に対し、来年1月末までに3回目のワクチン追加接種を提供するとの目標を表明した。ワクチン接種を加速し、オミクロン株の感染拡大を抑制したい考えだ。

人口の大半を占める英南部イングランドが対象。軍からは400人以上が投入される見込みで、仮設会場の設営やワクチンの配送などを支援するとみられる。

3回目の追加接種をめぐっては、英政府は11月29日、2回目との間隔を6カ月以上から3カ月以上に短縮すると発表。対象も40歳以上から18歳以上に広げるとしていた。ジョンソン氏は同月30日の会見で「現在、オミクロン株に対する最良で唯一の防御策は、追加接種を受けることだ」と強調した。

英メディアによると、英政府は30日までに国内で20件以上のオミクロン株の感染を確認。スコットランド自治政府のスタージョン首相は、このうちの9件が20日に行われた私的な一つの行事と関係し、アフリカ南部への渡航歴はないと説明した。行事中に集団感染した疑いもある。

また、同行事が20日に行われたことから、南アフリカが初めて世界保健機関(WHO)にオミクロン株について報告した24日より早い時点で同株の感染者が英国内に存在していた可能性もある。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)