• 日経平均28283.03-100.06
  • ドル円139.10139.13

「じいちゃんの桃」をカフェでPR 美容師の恩返し

香川県丸亀市で美容室を営む松本裕貴さん(38)が地元特産の桃をPRするカフェの開設を計画している。丸亀市飯山(はんざん)地区は四国屈指の桃の産地で地元では「飯南(はんなん)の桃」として知られているが、全国的な知名度はいまひとつ。お客さんである桃農家と話すうち、知名度アップに一役買いたいと考えるようになったという。少年時代に食べた思い出の桃をくれた男性との25年ぶりの再会も後押しになって、松本さんの挑戦が始まろうとしている。

収穫期に赤く実った桃。剪定(せんてい)や摘果、袋がけなど栽培の手間は多い(JA香川県坂本撰果場提供)
収穫期に赤く実った桃。剪定(せんてい)や摘果、袋がけなど栽培の手間は多い(JA香川県坂本撰果場提供)
美容師の松本裕貴さん。桃農家の助けになろうと、来年の桃カフェオープンを計画している
美容師の松本裕貴さん。桃農家の助けになろうと、来年の桃カフェオープンを計画している

地元のブランド

香川は日照時間が長く、降雨が少ないことから古くから桃の良質な産地だった。芳醇な香りとやわらかな果肉の飯南の桃は、上質な地元のブランド桃だが、県内消費がほとんどで、全国的には知られていない。

松本さんは香川県坂出市出身。東京の専門学校を出て都内の店で12年間働いた後、平成26年にUターンして飯山地区で店を構えた。

お客として店に来る桃農家の女性たちからは「後を継ぐ者がいない」といった悩みを聞いていた松本さん。「全国にもっと知ってもらい、農家が作り続けられるように助けたい」と、来夏の収穫期に合わせてカフェを開くことを決めたという。

内装に工夫を凝らしSNSにアップしてもらえるようにと、構想を練る。準備資金集めのためクラウドファンディングを実施中だ。

小学生のときの原体験

松本さんの桃への思い入れは、小学生のころの思い出が原点にある。小学6年生の夏、学校帰りに自転車で飯山地区を訪れたときのことだ。桃畑で落ちている桃を食べている高齢男性に出会った。

「この瞬間の桃が一番うまいんや。食べてみ」と勧められ、かじると「ものすごく軟らかく、甘く、忘れられないおいしさ」だった。「もったいないけど、落ちた実だから売れんのや」と、話が続いた。

男性に会ったのは一度きりで名前も住所も知らないが「見ず知らずの人に優しくされ、印象に残っていた」という。

それが、昨年夏、飯山地区でジョギングをしていたとき、遊具エリアのベンチに座っていた老人。「見たことあるなあ」と感じ「覚えていますか」と話しかけた。25年前の男性だった。

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な時期、公園にも人がほとんどおらず、遊具には使用を禁止する黄色い規制テープがはられていた。

「このままじゃ街の未来の種が消えてしまう」「こんなに静かでは街が死んでしまう」と、2人で話し込んだ。この再会で、松本さんは飯南の桃のために力を尽くしたいと思いを新たにしたという。

武器は高精度センサー

ただ、「地元の名産を全国区に」というハードルはなかなか高い。

JA香川などによると、香川県の桃の生産量は全国8位。全国1位の山梨県をはじめ福島県や長野県などの巨大産地に押され、首都圏や近畿圏、高級フルーツ店への販路は確立できず、県外の出荷は九州が中心なのが実情だ。

生産拡大しなければ取引先は増やせないが、売上高が増えなければ生産拡大はできないというジレンマもある。完熟に近い状態で出荷するので鮮度が長く持たないのも弱みだという。

ただ、地元のJA香川県坂本撰果場の世戸春樹所長(43)によると、近年、桃の出荷量は減っているものの、1キロ当たり単価は743円と平成元年と比べ約500円もアップしているという。市場から品質が評価されているのだ。

背景にあるのは平成15年に導入した高精度光センサー「香味技(かみわざ)」の存在だ。手で触れず糖度や熟度など10項目以上を判定し等級、不良品を選別できる装置だ。導入後、クレーム、返品が目に見えて減り、リピート率や贈答の引き合いが増えたという。

ネット販売もJAタウン内の「さぬき旬彩館」で実施、丸亀市のふるさと納税返礼品にも選ばれている。等級の低い果実は直売所でジェラートやシャーベットとして加工販売も行われている。

桃は収穫まで最短でも3年かかることから、後継者・新規就農を増やしていくことが難しいという事情もあった。JAでは直営農場を導入しており、来年3人の若者が参入する予定だ。

世戸さんは「あまり知られていないが、味には絶対の自信がある。一度食べてもらえばリピーターになってもらえる」という。桃のカフェをつくろうと試みる松本さんも思いは同じ。こうした生産者や地元の思いは全国に届くのだろうか。(和田基宏)

■サーカスと能が異色合体 新感覚の幽玄世界



Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)