• 日経平均26717.34547.04
  • ドル円115.24115.27

連合、賃上げ4%程度要求、4年春闘

連合は2日、千葉県内で中央委員会を開き、令和4年春闘で基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)を月給の2%程度求めるとの闘争方針を正式決定した。定期昇給(定昇)分の2%と合わせ、計4%程度の賃上げを目指す。2%程度のベア要求を掲げるのは7年連続。

中央委員会であいさつする連合の芳野友子会長=2日、千葉県浦安市(連合提供)
中央委員会であいさつする連合の芳野友子会長=2日、千葉県浦安市(連合提供)

雇用形態による賃金格差の是正にも取り組み、各企業における最低賃金額として、3年春闘より50円多い「時給1150円以上」を要求する。企業内最低賃金は、労使が協定を結んで決めると雇用形態にかかわらず適用される。女性の賃金が男性の7割程度にとどまる現状を踏まえ、男女間格差の是正も目指す。

連合の芳野友子会長はあいさつで、日本の賃金について「労働者に適正な分配が行われてきたとは言い難い」と主張。自身が女性初の連合トップであることにも触れ、「(資質や実績があっても女性の昇進を妨げる)『ガラスの天井』は賃金にもある」と強調した。

春闘は例年1月ごろに事実上スタートし、3月が大手の回答が集中するヤマ場となる。3年春闘はベアと定昇で計4%程度の賃上げ要求に対し、平均賃上げ率は1・78%で、額は5180円だった。

>「賃上げ必要」認識一致も気運高まらず


Recommend

Biz Plus