• 日経平均25937.21-484.84
  • ドル円144.75144.78

岸防衛相、F16問題「万全求める」 米国防長官と緊急電話会談

岸信夫防衛相は3日、オースティン米国防長官と電話で会談し、米軍三沢基地所属のF16戦闘機が青森県内に燃料タンクを落下させた問題で同型機の飛行停止を求めたにも関わらず、米側が連絡なく飛行再開したことに遺憾の意を示した。両氏はできるだけ早い時期に日米外務・防衛閣僚会合(2プラス2)を開くことでも一致した。

岸信夫防衛相(代表撮影)
岸信夫防衛相(代表撮影)

岸氏がF16の問題について指摘するとオースティン氏は「安全最優先と考えている。米側として調査をしっかりと行い、日本側との緊密な連携を約束する」と述べた。

会談は米側の申し入れで急遽(きゅうきょ)行われ、オースティン氏は同日の日韓防衛相会談後、帰国中の機内から電話した。電話会談後、岸氏は記者団に「防衛省として引き続き、航空機の安全管理に万全を期すよう求める」と述べた。

岸氏は同日、オースティン氏との会談に先立ち、ラップ在日米軍司令官から表敬訪問を受けた。ラップ氏からは飛行再開に先立つ1日と2日午前、全てのF16戦闘機の点検を行い、安全性を確認した上で飛行を再開したことが報告された。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)